保育士の需要は多い

待機児童の問題や女性の社会進出が目覚ましい現在、保育所の新設が多くなり、それに伴って保育士の需要も高まっています。また保育所には認可保育所と無認可保育所がありますが、どちらでも働くことができますし、またそれ以外でもプライベートな乳幼児預かり所などでも働くことができます。
保育士は、主に乳幼児の保育を主にした資格なので、0歳から6歳の小学校未就学児まで幅広い年代をカバーすることができます。また0歳というまだ意思疎通が難しい年代の保育もできる知識を持っているので、ベビーシッターなどでも活躍することができます。
現在は虐待問題などもあり、行政で子供のサポート体制の充実を図ろうとする動きがあります。そのため市の乳幼児の預かりサポートなどもあります。また公立の図書館や美術館などの場所でも一時託児所を利用することができます。そのため正職員として保育所などの勤務をする保育士として活躍することもできますが、パートタイムで決められた時間だけ働く保育士をすることも可能です。
ブランクがあっても資格はそのまま維持することができますし、自分の出産や育児の経験が更に活かせる職業です。保育士の資格はとても就職にも有利なのです。

東京、神奈川、横浜の保育士求人なら

保育士の仕事は女性なら生涯通して長く働ける仕事でもあるので、結婚出産後も復職して働きたいというママは大変多いです。
しかし保育士は勤務の拘束時間が比較的長いイメージがあり、家事や育児に影響出るとして、仕方なく断念して別の職種に再就職する人も少なくありません。
しかし保育士でも、パソナやアデコなど人材派遣会社に登録する事で短時間勤務可能のパート求人を斡旋している所もあるので、子供が小さいうちでも将来の教育費を貯めておきたいという人などは是非会員登録して仕事を探した方がいいです。
又、派遣の保育士の求人は、勤務時間に融通が利いて自宅からもアクセスしやすい公立保育園への派遣も積極的に行っている事が多く、時給も1000円以上であるケースが殆どですから、ハローワークや求人誌で下手に探すより条件が厚遇である事が多いです。
派遣の保育士として働きたい時は、人材派遣会社在籍のアドバイザー的存在であるキャリアカウンセラーの力も重要になりますから、自身が何でも相談しやすい雰囲気の良いスタッフがいる会社を探す事も必要です。
ただ大手の派遣会社であれば、保育園や保育所のみならず、企業や病院など条件の良い勤務先の紹介を受けられる可能性もあるので、有名な会社に2,3社は登録して良い職場の斡旋を期待したほうが良いでしょう。
また、東京、神奈川、横浜の保育士求人なら、保育士専門エージェントという求人サイトもチェックしておいて下さい。

女性の保育士の仕事の人気の要因

保育士の仕事は女性が多いことが特徴で、女性ならではの個性を活かして子供を保育することができやりがいを感じて働けます。保育士の仕事は子供の成長をさせるきっかけになるためやりがいを感じて働けることが魅力で、仕事を通してやりがいを感じることができます。
女性が保育士として働く時は主婦として仕事をする方法が多く、自らが母親として子供がいれば子供の特徴や気持ちなどが分かるため保育をするコツをつかめるためにやりがいを感じるものです。子供は母親の愛情を受けて育つために女性の保育士は話をしやすいことが特徴で、お互いの気持を伝え合うことで仕事をする喜びを実感できます。
保育士は資格を取ることだけではなく人間関係を良くすることを考えて行動する必要があり、女性の場合は男性と比べると子供がなつきやすいために保育をしやすいことが特徴です。保育士は親との信頼関係を強化することを考えて仕事に取り組む必要があり、お互いの意思疎通ができるように考えて行動する必要があります。
女性の保育士の仕事の人気の要因は子供と接することでお互いに話をすることができ、女性ならではの考え方や接し方をしてやりがいを感じて仕事に取り組めることです。

憧れの職業に挙げられる保育士

近頃では、多くの学生などから保育士が憧れの職業に挙げられるようになり始めています。子供たちとのふれあいの機会を大事にしたり、生きがいとしてこの仕事を選んでいきたいと考えたりする人が高い割合で存在していると推測されています。このようにして、保育士が憧れの職種のひとつに掲げられる傾向は、着実に強くなってきていると考えられています。
保育関連の施設などにおいても、このような動向には注目を寄せるようになってきており、新たな人材の確保に繋がっていくものとして認識されています。そのため、長期的に保育士の仕事が憧れを抱かれるようにすることが求められるようになってきており、大きな話題としてしばしば取り上げられてきています。積極的に保育士になりたいと希望する人を支援する取り組みも、次第に活発になるのではないかと思います。
これからはより多くの人々から、保育士に対する憧れが抱かれるようになっていくと予測されています。どのように勉強したら保育士になれるかを深く考えながら、実際に保育士になれるように努力を積み重ねる人も多くなるのではないかと思います。こうした動向は、全国規模で見受けられるようになるのではないでしょうか。

保育士のつらいところ

保育士は子供と関わる仕事で、ほのぼのとしたイメージがあるかもしれませんが、そういう面ばかりではありません。
まず、保育士は女性が大半ということがあり、従って、保育園には派閥ができてしまっていることが多いです。従って、どこかの派閥に所属しなければ、仲間はずれということになりますし、派閥の中では上下関係があり、人間関係の維持はそれなりに難しいです。男性保育士がいれば、和やかになるようですが、男性保育士がいる職場というのは、今のところほとんどありません。
また、保護者との人間関係も大変です。いわゆるモンスターペアレンツは保育士を心身ともに疲弊させています。理不尽なクレームが来ても、反論するとトラブルがより大きくなるために、なかなか反論することもできず、ストレスを抱えてしまいがちです。
また、給料は大したことがないのですが、その割には激務です。深夜まで仕事が続くということも決して珍しくはありません、仕事を家にまでも持ち帰らなければならないこともあります。そして、多くの保育園では残業手当も出ません。ブラックとまではいわないですが、給料面で満足している人はほとんどいないというのが現状です。
このようにつらいところもありますが、一人前の保育士になればプライドを持って生きていけますので、悪いところばかりではありません。

保育士の資格取得まで

自分は昔保育士の資格取得にとても苦労をした経験があるので、これからとるという人の何か参考になればと思い、今回簡単に取得までの経緯をまとめたいと思います。
まず自分がどうやって資格を取得するための勉強をしたかというと、それは個人学習でした。
金銭的にも学校に通うなどはつらかったので、自分で問題集などを買ってチャレンジすることにしましたね。
結果として取得できたからいいのですが、今思えば少しお金がかかってでも人に教えてもらったほうが良かったと思っていますね。
何故なら独学というのはどうしても怠けが出てきてしまうので、何かしらのプレッシャーが常にあったほうがいいのです。
この辺は失敗したなと感じています。
次に独学でどのくらいの時間勉強したかというもので、自分の場合人一倍勉強に時間がかかるタイプだったため、結局1年間以上も勉強をしていましたね。
これもやはり誰かに教えてもらっていればという感覚が離れません。
ちなみに独学のメリットももちろんあって、お金がかからないということはすでにあげましたが、それ以外にも自分の好きな時間に勉強することができます。
仕事などで帰りが遅くなってしまうという人はこの方法が向いているのかもしれません。